FIRST TIME初めての不動産売却

不動産(マンション・一戸建て・土地)を売るとき、今の価値がいくらなのか知るために、不動産会社に査定してもらいます。

不動産査定の方法として、訪問査定と机上査定の2つの方法があります。
ここでは、訪問査定とはどのような査定方法か、机上査定より訪問査定を選ぶ理由、訪問査定で不動産会社を見極める方法についてわかりやすく説明します。

なぜ訪問査定をするべきなのか

家を売ろうと思ったときに、最初に知りたいのが不動産の価値=査定金額です。不動産会社にあなたのお住まいが「いくらで売れるか」をプロの目で判断してもらわなければなりません。そのため、不動産会社に査定を依頼することが、不動産売却の第一歩になります。訪問査定(ほうもんさてい)とは、不動産会社があなたのお家を訪問して、隅々まで調査して査定する方法です。訪問査定は実査定と呼ばれることもあります。訪問査定に対して、不動産会社があなたのお家の中を見ずに査定する方法を机上査定(きじょうさてい)といいます。机上査定はメール査定とも呼ばれます。

机上査定は、過去の成約価格、周辺の類似物件、不動産市場の動向などのデータを元に、おおよその査定価格を出す方法です。訪問査定は、机上査定をした上で訪問し、さらに詳細に査定します。

訪問査定をするべきメリット

正確な査定価格が出る
訪問査定は、実際にお家を見てもらいます、不動産会社は、土地の状況や建物の劣化状況、お部屋の状態を見て、机上査定価格にプラスマイナスの評価を付け加えて、お家の査定価格を出します。そのため、机上査定価格より正確な査定となります。

部屋の状態によって、査定金額が変わるから
丁寧に使用されている家とリフォームが必要な家では、買主にとって購入後に必要なお金が変わってくるため、同じ査定価格にはなりません。綺麗なお住いはやはり早く売却金額が出ます。しかしながら、大掛かりな修繕が必要だと思われる物件は修繕費にどのくらいかかるか見積もらないといけません。結果不動産会社が、訪問査定のその場で査定価格を出してくれるのか、数日後に出してくれるのかは、物件の調査が追加で必要かによって異なります。

査定価格は売出価格ではないから
机上査定価格によって、だいたいの価格はわかりますが、査定価格は売出価格ではありません。あなたが不動産を売却する理由によって、売出価格は変わるからです。より短期間でより好条件で売却するには、不動産会社にある程度は協力する事が求められます。しっかりと売却理由をお伝えください。そのまま全てが購入者に伝わるわけではないので安心してください。

有益な情報を手に入れるため
不動産業界では売却時に、売主の希望や条件によって、不動産会社の売却方法の提案が変わるのです。どれだけ嫌でも、最後は不動産会社の営業マンと直接会って、売主の希望や条件を伝えなければならないのです。その場で即決する必要はないですし、質問することをハッキリ決めたら呼びましょう。しつこい営業はしないで下さいと先に伝える事で悪質な不動産業者を排除することもできます。急かしてくる不動産会社はお勧めできません。

訪問査定で不動産会社を見極める方法

集客方法を聞く
不動産会社に集客方法を質問しましょう。不動産会社にできる限り全ての集客方法を行ってもらうことで、あなたのお家を1人でも多くの購入希望者に知ってもらうことが重要です。不動産会社ごとで集客方法は様々です。1社だけでは判断できない場合は複数社に同じ質問してもいいでしょう。

地域に詳しいのか質問してみる
「不動産のプロなのだから街に詳しい」と思っていることでしょう。しかしながら、あまり地域のことを知らない不動産会社の方もいらっしゃいます。不動産会社がその街のことをよく知っていないのに、その地域やその不動産の魅力を購入希望者に伝えることはできません。地域の特性を知っているか質問してみましょう。

地域での不動産売却実績を調べる
不動産会社に、この地域での豊富な売却実績があれば、より信頼を置くことができます。ぜひ実績をなんでもいいので聞いてみてください。質問に対して、詳細に答えることができる不動産会社は、売却実績がある不動産会社です。

相性!
最後は、不動産以外の話をしましょう!人として好きになれるか否かで判断することも大事だと思います。人柄だけで決めてしまうのはリスクがありますが、上記のような実績や戦略などで納得いく答えが返って来ているのであれば最後は相性だと思います。好きな話を担当者としてください。

CONTACT US不動産売買、新築マイホーム、住み替え、住居のご相談ならお気軽にご相談ください。
03-5989-0400
営業時間 10:00~20:00 定休日 日曜日