家を購入するときに必要な費用

家を購入するときに必要な費用
住宅などを取得する際、家の購入価格が主に気になるものですが、その後、意外に膨らむのが税金や維持費などの諸費用です。一般的に住宅購入の際の諸費用は、新築物件で「物件価格の5~7%程度」中古物件で物件価格の「7~10%程度」と言われています。

・物件価格「頭金+借入れ」
・関連費用「諸費用+引っ越し費用など」

大きく分けると「物件そのもの」と、それに「関連する費用」。「物件価格」とは、不動産価格のことで消費税も含まれます(土地のみの場合、消費税はかかりません)。

「頭金」は「自己資金」と呼ばれることも。親から援助を受ける場合は、この中に含みます。「借入れ」は金融機関の住宅ローンを利用することが一般的。「諸 費用」とは借入れに関する手数料や保険料、保証料のほかに、印紙代や登録免許税、固定資産税などの税金と、その他の費用をさします。「引っ越し費用など」 には、照明やエアコン、その他家具の購入費を含みます。

費用の一覧

印紙税:売買契約を結ぶとき、契約書に貼る印紙(契約額に応じて金額が変わる)
登録免許税:購入した土地・建物を登記する際にかかる税金
登記手数料:登記手続き等を司法書士に依頼する場合の手数料
不動産取得税:建物や土地を取得した際にかかる税金
固定資産税・都市計画税:建物や土地を保有している人にかかる税金(引き渡し時を基準に売主と負担を按分)その後も毎年かかる税金
修繕積立基金:将来の大規模修繕のための費用として購入時に支払う
ローンにかかる費用:印紙税・ローン契約書に貼る印紙
融資手数料:ローンを組む際に金融機関に支払う手数料
保証料:保証人の変わりに保証会社などを利用する場合に支払う
登録免許税:抵当権の設定登記をする際にかかる税金
登記手数料:登記手続き等を司法書士に依頼する場合の手数料
団体信用生命保険料:民間ローンは金利に含まれることが多いが、公庫融資では保険料が毎年かかる
火災保険料:ローンを組む際は火災保険をつけることが必要

CONTACT US収益物件・不動産投資のご相談ならお気軽にご相談ください。
03-5989-0400
営業時間 10:00~20:00 定休日 日曜日