セミナーと勉強会の違いとは?参加するにあたって気を付けなければいけない事

セミナーと勉強会の進め方

セミナーと勉強会と聞いて、いったどんな違いがあるのかよく分からない部分がありますが、この2つの違いとして、まず進め方があります。


基本的にセミナーは、講師の方がセミナー参加者に対して様々な事を教えてくれるというスタイルです。講師の方は、そのセミナーに関するあらゆる知識を有しており、その知識を用い参加者に全てを教えていきます。
一方勉強会はセミナーとは異なり、講師の方がアジェンダ(会議で論ずる議題など)を準備し、それに対し出席者全員が知識を持ちより集まります。勉強会は講師を含め参加者全員がある程度の知識があり、講師と参加者がそれについてそれぞれの意見を述べたり、発表を行なったりするイメージです。
セミナーが学校で例える授業なら、勉強会は発表会です。よって勉強会の講師の役割りは、参加者の誰に発表してもらうかというのを指名したり、参加者に意見を求めたりと、司会進行的役割がメインになります。

 

講師の方の能力が異なる

上記でご紹介したように、セミナーと勉強会では講師の方の役割りが違います。セミナーの講師はいわば学校でいう先生的役割なのに対し、勉強会の講師の方はある程度の知識が求められはしますが、TVの司会者的役割も必要になります。
よって、セミナーの講師の方は、自分の持っている知識やノウハウなどを参加者にわかりやすくしっかり伝える能力が必要になります。勉強会の講師は、参加者の人々の意見などを沢山引き出さなくてはいけません。
口下手で上手く話せない方や話を上手くまとめて話せない方のフォローなどをお行い、勉強会が円滑に進めていくという能力が必要です。

 

参加目的を明確に

このようにセミナーと勉強会には明確な違いがあります。セミナーに関しては、まったく知識がない状態や知識が乏しい分野などを学ぶために参加するものです。講師の方もプロフェッショナルで、あらゆる知識を有しているので、安心して学ぶことが出来るでしょう。
勉強会に関しては、ある程度の知識を有している状態の方などが、さらなるレベルアップや、他の人の様々な意見や考え方を吸収するという場になります。順番としては、はじめセミナーに参加し、ある程度の知識を付けて、さらなるレベルアップを求めて勉強会に足を運ぶという流れになります。
決して知識が乏しい状態で、勉強会などに参加しないようにしましょう。中にはセミナーと勉強会の定義があいまいなまま開催されているものもありますので、内容などを主催者に確認しましょう。